フォト
無料ブログはココログ

« それでも時は過ぎゆく | トップページ | 雨の日こそロックン・ロール! »

2015年6月23日 (火)

あきらめきれぬとあきらめる

  20年ぶりに以前の会社の同僚と飲みました。年齢的に私が真ん中で一緒に  Kyokun1 働いていたころはそんな歳の差の意識はなく、ワイワイ楽しく仕事をしていました。1年で10年分の仕事をしたと言うと2人とも大きく頷きました。 髪の毛が薄いとか白髪が目立つとかお互いにからかっていたのが現実になってしまいました。みんな正々堂々と足の引っ張り合いをしていたな、個人商店の集まりで人の言うことは聞かず自分の言いたいことを言っていた・・・数百人しかいない会社で1人の責任が重く何事にも一所懸命で真剣だった、何1つ決まったことがなく1からビジネスを立ち上げて毎日が苦労の連続、後にも先にもあの時ほど仕事をしたことがない―今ではみんな思い出になってしまいました。

  別れ際にふと深夜まで頑張って仕事したときピザをとってオフィスで
Kyokun2 みんなと一息ついたひとときを思い出しました。休憩に入る直前まで掴み合 いの喧嘩になりそうな険悪な雰囲気で議論していたのが部長の「コーヒーブレーク にしようか」のオフサイドのホイッスルみたいな掛け声で鬼の形相が一変して和やかムード変わりました。個性と自己主張が強すぎて何社も転職した強者・曲者・奇人・変人ばかりでしたから、休戦協定を結んだこの「ひととき」は面白い話  たくさん聞きました。本人が真剣に話せば話すほど常識から外れてゆき最後はきちんとオチがあるので大笑いになります。

  人数が少なくて個人のぶつかり合いが多く、好き・嫌い、敵・味方がはっきりしてKyokun3 いて、仕事の勝ち負けがわかりやすく、実力があって要領よく勝ち抜いた人がマネジメントに上がる、一言一言はコミットメントになり、行動の速さや決断力がそれを裏付けてゆく―完全な能力主義でした。仕事の上での人間関係は最悪で組織変更はほぼ3か月ごとにあり、部下と上司が入れ替わったり、組織ごと消滅したりと環境もよくなかったものの、郊外のバーベキューガーデンでイベントがあったり、温泉で
会議を開いたり、クリスマスにはパーティーがあったりでなんとなくバランスが取れていました。

 
その後15年の間に合併を繰り返し景気が悪くなると「リストラ」を進める上で利用された名ばかりの「能力主義」は万能社員を求め、一Kyokun4 芸に秀でた有能な社員を切り捨てた結果、私のような凡庸な社員だけが最後まで残ることになりました。残ったのは数十人、配属が何度も変わった私は会社で会うことはほと んどなくなりました。会社の規模はあっという間に大きくなり、1人でできる仕事をわざわざ5人以上で分けて行うようになり、細分化された仕事にも新しいことを成すには膨大なエネルギーが必要な会社にも興味がなくな りました。

  早期退職プログラムで会社を去った人たちは以前の会社に戻ったり、起業したKyokun5 り、何度も転職を繰り返したり、全く別の業界に入ってキャリアやビジネスのノウハウを蓄積、最終的にはコンサルタントとして独立を目指しているようです。私のように本はたくさん読んだけれど実践に結びつかず成果をほとんどあげられなかった人間と、新しい世界に飛び込んで経験から得た知識と実績でキャリアアップしてゆく人間とでは大きな違いが出るのだな、でもあの時飛び出しても成功したかどうか、留まった決断と飛び出す決断とどちらもあきらめられない、そんな
やりきれない気持ちを酒と一緒に飲み込みました。

  家に帰って「教訓」(1971年)―’70中津
Kyokun6川フォークジ ャンボリーで飛び入り参加した加川良さんのファーストアルバムに収録されている「あきらめ節」を聴きました。あきらめきれぬとあきらめる―世の中の不条理を淡々と歌い上げる高田渡さんに声も曲調もかなり近いので「生活の柄」の続きのような感じです。60年代にブームになったフォークソングは体制批判や反戦を訴えるプロテストソングとして歌われ、日本ではそれが日々の細々とした生活の歌やラブソングに変質してゆきJ-POPになりました。

  加川良さんはそんな流れに乗らず今もプロテストソングとしてのフォーKyokun7 クを歌い続ける稀有な存在です。集団的自衛権が議論になっている現在、加川良さんのように警鐘を鳴らし続ける存在が一層必要な時だと思います。国民は右でも左でもなく、この国の将来と幸せを願っているだけで戦争しようなどとは思っていません。話し合いでなんてとても解決できそうもない
横暴な周辺国がいる限り守るために戦う権利は与えられるのが当然ですが、それを最小限にとどめたい―そのあたりに着地点があるはずです。

  ところが野党はヒステリックに「戦争になったらどうする」とか「戦争に巻き込まれたら参戦するしかない」とステレオタイプの議論しかしていません。国民の将来と幸福は戦争が終わって70年経った今もこれから戦争があってもなくても、ずっと置き去りにされたままです。こんなくだらない政治しかできない国をあきらめようとしてもここに住むしかない私はあきらめきれないでいます。
Kyokun8
 

« それでも時は過ぎゆく | トップページ | 雨の日こそロックン・ロール! »

音楽の思い出」カテゴリの記事