フォト
無料ブログはココログ

« こどもの時間 | トップページ | 回転ドアを少し回せば »

2015年7月14日 (火)

あつい夏が、夏が走る

  梅雨の切れ間なのか明けなのかいきなり真夏日になって気温は33度。32度Kan2 までアイスコーヒーやノン・アルコールビールで凌いでいたけれど、ボーっとした頭に熱中症が過り、我慢できずにクーラーをつけてしまいました。25度でも暑いと感じていたのは10年前。それから毎年1度ずつ上がる感じでとうとう30度を超えるようになりました。25度が涼しいくらいです。北に位置するのに37度を記録した北海道はどんな様子なのでしょうか。ワンゲルで色丹半島の暑寒別岳から雄冬を歩いたときは夏でも朝晩はストーブを焚いていましたから信じられない暑さです。

  こんな暑い日を「かんかん照り」とよく言います。「かんかん」が何を意味するのかを調べてみました。一般的な辞書では暑さが厳
Kan1しいさまと しか説明されていません。さらに調べると漢字の「干干」ではないかという説を見つけました。干ばつの「干」ですね。ついでですから適当な感じを当てはめてみました。「汗汗」―汗がたくさん出る、「缶缶」―ビールをたくさん飲む、「癇癇」―暑くてむかつく、「閑閑」―人出が減って街は閑散、「喚喚」―叫びたくなりそう・・・どの字を当てはめてもつらいです。

  井上陽水さんの「かんかん照り」(1976年)を思い出して収録されているライ Kan6_2 ブアルバム「東京ワシントンクラブ」を聴いてみました。フォーライフレコードが設立された年の「招待状のないショー」に続くアルバム、TVCMにぼんやりと映った陽水さんが印象に残っています。構成は「氷の世界」に似ていてライブアルバム3枚の内の2番目で珍しいです。フォーライフに移籍してからそれまでのセンチメンタルな雰囲気からロックに曲調が変わって、
「かんかん照り」は感情を出すシャウトがより強くなっています。1999年にCDアルバム「GOLDEN BEST]を出した後テレビに出演することが多くなり、NHKのSONGSに何回か出演されています。声量がかなり落ちているものの伸びやかで艶のある声はそのままです。「少年時代」を始め陽水さんの夏の歌は特に好きです。

  夏といえば会社を辞めて誘われ るままに社員3人の小さな会社の取締役になり、
ほとんど思いつきで指示すKan3る社長の言われるまま このかんかん照りの空の下で、飛び込みセールスしたちょっと辛い思い出があります。アポなしのため売れそうもない商品の説明を少しでも聞いてくれるのはまだしも、用件も聞かず門前払いがほとんどでした。それでも得意先があり、商品を開発したり、仕入れて納入することでわずかばかりの収入がありました。給料が支払われたのは最初だけであとは商品が売れたらということでした。夏が終わるころには得意先からの注文もなくなり、仕入れ先からの借金に追われるようになりました。昨日まで優しかった営業の人が鬼のような形相になって連日のように借金を取り立てに来ました。

  いろいろな人に話を聞くうちに、この社長は以前、大企業に勤めていたことで人Kan4 脈があるころを見せて投資話を持ち掛ける詐欺師だとわかったのはその年の暮れでした。
売り上げが毎年二千万円という社長の話にすっかり騙されていました。年が明けるころには就職活動を始めて運よく再就職できました。ところが手形の仕組みをよく知らず、保証人になってしまったための辞めてからも督促状が来たことがあったので友人に相談してようやく解決しました。借用書をとっていたので出資金も戻ってきました。その後、この社長は裁判に訴えられたと聞きました。この社長が熱く語っていたことはすべて妄想・・・炎天下の陽炎のようなものでした。夢を熱く語るのは良いけれど騙されてはいけない―この夏の出来事以来、物事をサングラスで見るように臆病になりました。

Kan5

« こどもの時間 | トップページ | 回転ドアを少し回せば »

音楽の思い出」カテゴリの記事