フォト
無料ブログはココログ

« 2015年9月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月 2日 (月)

愛は愛とて何になる・・・

  先週と今週BSプレミアムで再放送された「ザ・フォークソング~青春のうAgata1 た~」にカルメン・マキさん、長谷川きよしさん、あがた森魚さん、山崎ハコさん、リリィさんの実力派が出演していました。デビューしたころは弱々しい感じだったカルメン・マキさんでしたが、容姿がふっくらとした現在の圧倒的な声量と歌唱力で歌い上げる「時には母のないこのように」には聴き入ってしまいました。カルメン・マキさんを見出した寺山修司さんもすごい人でした。歳を重ねて人生の辛酸を味わった今だからこそ理解できる、心に響く名曲だと思います。

  なぎら健壱が武田鉄也さんとの珍妙なやり取りでニューミュージックとフォークの違いを面白おかしく説明していました。ニューミュージッAgata3 クがファンタジーとするとフォークは日常を淡々とありのままに表現するという違い、ニューミュージックが出てきてフォークシンガーは仕事がなくなったとの締めくくりに納得しました。なぎらさんと同じくらいフォークソングに造詣がある板崎さんとのギターコードについてのやり取りではシンプルなフォークのギターコードとアルペジオやハンマリング奏法のわかりやすい説明は「そうだったのか!」と弾こうとして何度も挫折した私にとって目からうろこでした。なぎらさんは話芸はもとより芸達者な人ですね。

 フォークが全盛だった70年代は「昭和元禄」(1964年ご Agata4 ろから)とも言われそれまでとは異なった庶民的な文化-
フォークはそんな雰囲気にマッチして流行った時代でした。中でもあがた森魚さんは大正から昭和初期の浪漫主義に対するあこがれを歌曲にした感じで、チンドン屋さんの「美しき天然」のクラリネットの物悲しい響きにも似ています。「赤色エレジー」(1972年)2年後にリリースされた「昭和枯れすすき」と曲調がそっくりなので同じ作曲者かと思いました。昭和初期に流行った「あざみの歌」とも冒頭が同じということで作詞・あがた森魚、作曲・八洲秀章となったようです。あがた森魚さんもまた当時は風采の上がらない生活にやつれた感じでしたが、朗々と味のある声で「赤色エレジー」を歌い上げていました。

 「赤色エレジー」は活動写真のBGMのような古臭い曲でありながら曲で歌われている主人公一郎と幸子の日常を描いたコミックAgata5_2 「同棲時代」が若者に支持され、
URCからスピンアウトしたベルウッドレコード初のヒット(50万枚)となりました。それまでタブーとされてきた結婚前の「同棲」がこのころから抵抗がなくなったように思います。漫画がコミックと言われ若者文化に大きく影響を与えるようになったのもこのころからですね。「赤色エレジー」を収録したサントラアルバム「天使ぢゃないよ」(1974年)で確認したところやはり記憶していた通り、街角にしゃがみ込んで物乞いをするような今にも泣き出しそうな震える声で歌っています。ウォーターゲート事件があった年で景気が急速に減速して就職難だったことを思い出します。閉塞感・虚脱感が覆う世相にこの曲はあっていたように思います。

 昭和初期の演歌を中心とした懐メロ番組は70年代のフォークソングやニューAgata6_2 ミュージックに置き換わりつつあります。
ここが人生の分かれ目になるような勝負に出るときやどん底にあるときに勇気づけてくれる演歌も好いですが、フォークソングは青春時代の日記を開くような思いにさせてくれるのがいいですね。タイムマシンがないので時間を進めたり戻したりはできないから、せめて気持ちだけでも戻ってみたい・・・フォークはそれにぴったりですね。いつも前向きに生きていくのは理想だけれど、あの時はこうしておけばよかったと思いながら次は同じ失敗を繰り返さないようにしようと生きていくのが現実ではないかと思います。でも、同じところに何度も戻るのはレコードがすり減るようなものですから、それもほどほどにしておくことですね。
Agata7

« 2015年9月 | トップページ | 2015年12月 »